旅行するなら断然飛行機!話題の格安航空券

- 航空券ってどうやって選んだらいい?

航空券ってどうやって選んだらいい?

近年航空券を手に入れる時燃料サーチャージ料の金額が上下したり、
またはトラブルが多い航空会社があったりと、なかなか安心してチケットが買えない人も多いそうです。
最近増えているLCCと呼ばれる格安航空券を始め、定番の大手航空会社までチケットの買い方情報をまとめてみました。

大手航空会社の良さを見直す

航空券の金額の低下が続き、格安航空券の存在が目立っています。それは主にLCCと言われる会社の航空会社のチケットで、利用者も増えていますが、トラブルも多く様々見直されている場合も多いです。
それと比べ安定しているのが大手の航空会社です。ANA、JALこの二社は価格で言えばそれなりの水準ですが、それ以上に安心出来るサービスが豊富です。

本数の多さ

まず一番の利点としては便の多さです。
毎日一日に運航している便はLCCの数倍で、JALは平均13本でANAは12本とかなり多さです。
ビジネスマン等急な出張が多い方には絶対的に支持される内容です。

航路の多さ

LCCは新興会社であり、提携している空港も少ないので行ける国、空港が限られていますが、
JAL、ANAといった大手であれば世界中殆どの国に行く事が出来ます。

機内での過ごし方

機内での過ごし方ではやはりフリードリンク等が特徴的です。お茶にコーヒー、ジュースに各種アルコールまで、
好きな物を注文出来ます。さらに買い物も出来ますし、機内で上映されている映画、音楽と快適さはLCCに比較にはなりません。

トラブルと価格の関係性

 LCCのメリットで言えばやはり低価格である事です。
長いデフレの流れもあって登場してきた安価な航空券ですが、安価なのにも当然理由があります。
アパレル関係にもありますが、質の低い物を低価格で売る、第三次産業ではサービスを減らして安く売る、といった内容です。
LCCでも同じ事でサービスを減らして低価格で売るのがカラクリですが、安価な内容は回転を早めないと利益が出辛く、
結果的にしわ寄せがくるのは従業員で人件費の削減により様々なトラブルが発生します。
飛行機という物が当たり前になって随分経ちますが、空を飛ぶ技術というのは乗り物の技術の中では最高難度ではあります。なので安全性というのは何よりも大事にしたいですよね。
特に小さいお子さんと一緒に乗るとき等には子供料金についてと共に、もう一度安全性を見直してみましょう

どんな飛行機にも絶対はない

不安そうな男性
 飛行機は乗り物の中では事故率は最も少ないです。
運航の回数に対し事故が少ないのが特徴ですが、その事故はイコール死につながるので、当然関係者も万全な用意と準備をします。
ですが、人が行う事には間違いがあります。人が行う事を忘れて起きてしまった悲しい事故もある事を考えると、
お金を払ってでも安全性の高い会社を選ぶ事も選択肢の一つですよね。万が一の事を考えて保険等も考えてから購入するのも、
賢い選択肢かもしれませんね。

Copyright(C)2017 旅行するなら断然飛行機!話題の格安航空券 All Rights Reserved.