旅行するなら断然飛行機!話題の格安航空券

- 飛行機の復路便延長プランを賢く活用しよう!

飛行機の復路便延長プランを賢く活用しよう!

国内旅行の復路便延長プランと聞いて、あまりよく分からないという人も多いかもしれません。これは格安航空券とホテルがセットになった旅行会社のツアーに付随するサービスの一つで、うまく活用すれば帰省などにお得に活用できます。そこで今回はそんな飛行機の復路便延長プランの詳細についてまとめてみました。

復路便延長プランって?

卓上カレンダー
復路便延長プランとは、飛行機のフライトとホテルがセットになった旅行会社などで販売されているプランに、帰着日をずらして手配できるツアーのことをさします。
例えばもともと1泊2日のプランの場合、帰る日を通常であれば2日目のところを3日目以降にずらして1泊3日や1泊10日のように、帰着日をスライドして手配できることを意味しています。
ホテルの宿泊は初日のみで、延長した分の宿泊は自分自身で手配をします。

ただしこのプランは予約と同時に帰着日を指定する必要があるため、現地や当日の変更はできないことが条件となります。
プランによって無料で延長できるものや、1,000円、3,000円など追加代金がかかることもありますが、さほど旅行代金の単価が大きく変わらずに利用できることも特徴の一つです。

帰省するのに便利!

復路便延長プランは特に帰省をする人に人気があります。1泊目だけはパッケージツアーで指定されているホテルに宿泊をして、2泊目以降は実家に泊まって過ごすことができます。
例えば1泊6日の場合は、1泊目はホテル、2泊目~5泊目は実家に帰省することができるのです。
復路便を延長できる期間はプランによって異なりますが、5日間くらいの短期間のものから、20日間くらいまで延長できるものもあります。格安航空券のツアーを利用して実家に帰省すれば、料金面でも往復の航空券を購入するよりもお得に、そしてホテルに1泊できるので空港から実家まで離れた場所にある人にとっても時間的に余裕が生まれるメリットがあります。

帰省以外にもうまく活用してみよう!

また応用編として復路便延長プランは帰省に使うだけではなく、旅先の友人宅に泊まったり、パッケージツアーではなかなか取り扱いのない旅館などを手配して、1泊目はツアー指定のホテル、2泊目は友人宅や自分で手配した旅館などに宿泊することもできます。
少しマニアックな旅館やホテルに泊まってみたいという人にも、活用できることも魅力の一つです。また復路便延長プランは旅行会社のパッケージツアーのプランの一つなので、航空会社ではなく旅行会社に申し込みをする必要があります。
そのため出発日の10日前や5日前など、申込期日があるので余裕をもって手配する必要があります。

飛行機の復路便延長プランはシンプルなツアーに多い!

旅行会社の国内ツアーではすべてのプランで復路便が延長できるわけではありません。
一般的に往復の格安航空券とビジネスホテルがセットになっているシンプルなツアーに多い傾向にあるので、よく見極めながらチョイスしてみるとよいでしょう。

Copyright(C)2017 旅行するなら断然飛行機!話題の格安航空券 All Rights Reserved.